書院大修理の報告 本文へジャンプ
修復の書院「大観楼」
昭和2年、上七軒より移築された「大観楼」、今の当院大書院の全面改修工事を、平成28年5月23日より始めました。皆様方もすでにお気づきとは思いますが、西南の柱をはじめ大半の柱が南、東と傾いておりました。壁面の少ない2階建の 建築で、筋交いがなく、移築後80有余年の間、殆ど修理することなく、現在に至っています。この度建物全体の傾斜を修復し、耐震性を持たすため、大修理を行いました。そしてようやく12月いっぱいで完成致しました。


                書院「大観楼」修復完成後